北野武監督:映画

北野武監督の新作映画が、近々、公開されるらしいですね。タイトルは「アキレスと亀」残念ながら、カンヌでの賞の受賞はなかったようですが、評価は高かったということなので、公開が待ち遠しいです。個人的には今までの北野作品、映画のなかでは、Takeshi'Sが一番好きですね。あと「監督ばんざい」これは傑作でした。巨匠、北野監督という感じでしたね。えー。これは劇場で観ました。松本人志の「大日本人」とどっちにしようか迷ったのですが「かんとく、ばんざい」を見ました。カフカのシュールレアリスム文学を読んでいるような気にさせられました。
日本での興行成績は、どうもぱっとしない。映画館に客が入らないとは、北野監督本人の弁ですが。ヨーロッパでの評価はすこぶる高いようです。モスクワ映画祭でも「DOLLS」が絶賛されたといいます。日本人には単純な作りのハリウッド映画の方が向いているのでしょうか?それともダンスたくさんのインド映画が良い??
最近は台湾や香港、中国の映画も面白いそうですね。

新婚旅行

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。