草なぎ剛:韓国

草なぎ剛といえば、何かと韓国とのつながりの多い人のようですね。一時期。チョナンカンというハングル名で仕事をしていた時期もありますよね。

韓国の女優さんとドラマやコマーシャルで共演したことも結構な頻度であるはずです。これは他のスマップのメンバーと比べてみればよくわかると思います。

中居くんや稲垣吾郎が韓国で仕事をしたなんて話はあまり聞かないはずです。


おそらく韓国で仕事をしてきた割合はジャニーズのなかでも一番ではないでしょうか。

ジャニーさんが草薙くんにいったんですかね「ユー、やっちゃいなよ」「韓国でやっちゃいなよ」

考えすぎでしょうか。
タグ:韓国

草なぎ 剛

愛媛県西予市生まれの埼玉県春日部市育ち。
小学生のときは器械体操部に所属し部長を歴任。国体→オリンピック出場を目標にしていた。その後、テレビで見た少年隊に憧れてジャニーズ事務所に履歴書を送り、中学1年の頃、ジャニーズJr.のメンバーとなった。
お笑い芸人のビビる大木とは同じ春日部育ちで同じ幼稚園及び中学校の同級生であり、お互い知っているが、草なぎは笑いを取るために大木のことを気遣いあえて「知らない」ことにしている。
1988年4月、13歳の頃スケートボーイズの中からSMAPのメンバーに選ばれる。
堀越高等学校を3年間無遅刻無欠席の皆勤賞で卒業。堀越学園卒業時に全コースから学業優秀、品行方正の卒業生1人に贈られる堀越賞を受賞した。なお、卒業後に活躍した有名人も数多い堀越高芸能コース卒業生であるが、芸能コースの生徒で受賞したのは草箸?初めてという快挙であり、その後も声優・歌手の水樹奈々しか例が無い。
当初草箸?SMAPのメンバーの中でも目立たない存在だったが、1997年にドラマ『いいひと。』で一躍ブレイクした。
1999年に『蒲田行進曲』(2000年に再演)のヤス役を演じた事をきっかけに、役者としての才能が開花。「彼には教える事が何もない」「彼はジャニーズの白い悪魔である」「天才であり天使である」「彼は魔物を持っている」と、つかこうへいをして言わしめた。その演技に対しては“つか作品ファン”をはじめとした舞台通からも絶賛され、これにより草箸留薺士呂蓮?幅広く認知されることとなった。その後も多くのドラマ・舞台・映画などに出演。
2003年、初主演映画『黄泉がえり』(共演:竹内結子・柴咲コウ)が異例の大ヒット&ロングラン。
2004年6月25日には主演映画『ホテルビーナス』がモスクワ国際映画祭に出展され、パースペクティブ・コンペティション部門の最優秀作品賞を受賞。
2003年の長者番付ではジャニーズ部門で首位になった。
2003年まで5年連続男性ベストジーニストに選ばれ、殿堂入りを果たす(これまで6回受賞している)。
2005年12月7日放送の『2005FNS歌謡祭』では初の司会を担当。
2006年夏、柴咲コウと共演した『日本沈没』が初登場1位、興行収入500億円を突破する大ヒットを記録。過去のジャニーズタレントが出演した実写映画の中でNo.1ヒットとなった。また、アジアや欧州など16カ国で上映されることとなり、韓国においては210館と日本映画としては『ハウルの動く城』(237館)に次ぐスクリーン数(実写としては最大規模)で上映され、邦画としては初めて初登場1位を記録した。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。